半熟ババァ読書録 -本とマンガと時々映画-

小説・エッセイ・実用書から漫画まで、ゆるっと感想レビューのブログ。

【最初の話を読んだら、最期の話も読もう】スモールワールズ [ 一穂 ミチ ]

 

内容紹介(「BOOK」データベースより)
ままならない現実を抱えて生きる人たちの6つの物語。夫婦円満を装う主婦と、家庭に恵まれない少年。「秘密」を抱えて出戻ってきた姉とふたたび暮らす高校生の弟。初孫の誕生に喜ぶ祖母と娘家族。人知れず手紙を交わしつづける男と女。向き合うことができなかった父と子。大切なことを言えないまま別れてしまった先輩と後輩。誰かの悲しみに寄り添いながら、愛おしい喜怒哀楽を描き尽くす連作集。第74回日本推理作家協会賞短編部門候補作「ピクニック」収録。

What)これは何のための本か?

短編集。

 

Why)この本を読む理由は何か?

読書家たちの間でたいへん話題になっておりまして。

 

How)この本が伝える解決法は何か?

最初の話を読んだら、最期の話も必ず読もう。

総評

個人的には「魔王」の異名を取るお姉ちゃんがでてくる「魔王の帰還」という話が好きです。

こういう豪快かつ心があたたまる作品、好きだなぁ。

 

駄菓子菓子。

皆が読んで仰天するのは、やっぱり最初と最期(最後)の話ですね。

これはぜひ、手にとってお確かめください。

 

↓本のあらすじはコチラでどうぞ

 スモールワールズ [ 一穂 ミチ ]