半熟ババァ読書録 -本とマンガと時々映画-

小説・エッセイ・実用書から漫画まで、ゆるっと感想レビューのブログ。

小学生でもわかるプログラミングの世界 プログラミングってそういうことか… [ 林晃 ]

What)
小学生向けのプログラミングの本…?

Why)
小学生のプログラミング教育というのが、具体的に何なのかわからない。

How)
それはプログラミングじゃないじゃん、というのがプログラミング教育らしい。

小学生でもわかる プログラミングの世界

 

プログラミングの会社が、小学生のために真面目に作ってくれた本だと思う

内容、真摯です。

製作したのは、プログラミングの会社。

小学生のために、真面目に作ってくれた本だという印象を受けました。

 

「小学生のプログラミング教育」は、我々のイメージする「プログラミング」とは全然違う

  • BASIC
  • COBOL
  • C

違うんです。

こういうの、プログラミングじゃないらしいんです。

 

私たちの感覚だと、プログラミングっていったら、
「ハイ、つべこべ言わずにコード書くアルよー」
じゃないですか。

ちがうんです。

 

じゃあナニ?って。

どの本を読んでも「生活IT基本知識」という印象しか受けないので、なにがプログラミングなのか、いまだにわかりません…

 

本が悪いんじゃないの。
むしろ、本はまじめで好印象です。

 

お国が決めた「小学生のプログラミング教育」の内容が、「プログラミング」の名と一致してないの。

 

ひえーーー。

↓本のあらすじはコチラでどうぞ